ニュース一覧

化粧品

正しく行うことが大事

スキンケアは正しい方法で行うことで、きれいな肌を保つことができます。もし誤った方法でスキンケアを続けてしまえば、せっかく配合されている化粧水の成分が30パーセントほど失ってしまうといわれているので気をつけなければなりません。

鏡を見る女性

健やかな肌を取り戻す

医師や製薬会社が開発、監修したドクターズコスメは、肌トラブルから健康な肌を取り戻す近道になります。成分表示が明確なので安心して使え、医師により肌の状態も観察してもらえるので自分にあったスキンケアを探すことが簡単にできます。
化粧品

ビタミンC誘導体の注意点

ビタミンC誘導体には高いスキンケア効果があり、あらゆる化粧品に配合されています。ニキビやシミに効果的ですが、肌質によってはつけると刺激になる場合があります。肌が弱い人は低濃度のタイプから使い始めるのがお勧めです。

婦人

肌を傷めずケアできるもの

健やかな肌を保つためにはスキンケア化粧品の選び方も重要です。乾燥などの肌トラブルを防ぐためにも、肌に優しい化粧品選びをしましょう。それぞれのアイテムには役割があり、それに合った選び方のポイントを押さえて、肌の悩みを改善できるものが最適です。

化粧品

香りで美肌効果

美肌効果を引き出すためにスキンケアは絶対的に必要なことですが、ストレスがたまれば肌に負担がかかりなかなか美肌効果を引き出すことができません。ストレスを解消させるのに良いのが、香りがついたスキンケア用品です。

20代の肌事情

レディ

今のうちから対策を

20代はまだまだ若いです。しかし、皮脂量が多かったり、ストレスで大人ニキビができてしまうなど、トラブルも起こりやすいです。そんな悩みを年上の人に話すと、まだ若いのだから特別なスキンケアは必要ないと言われるかもしれません。しかし、20代のうちからしっかりとスキンケアを行わないと、年を取ってからツケが回ってくるかもしれません。20代前半は、まだ10代の頃と同じように皮脂腺が活発で、べたつきやすいです。毛穴詰りも起こりやすく、ニキビができやすいのです。ニキビ肌には、ビタミンC誘導体が配合されたスキンケアアイテムがおすすめです。ビタミンCは、シミや毛穴のケアもできるのです。ところで、25歳はお肌の曲がり角、というのを聞いたことがある人もいることでしょう。実際、その年齢にさしかかった途端に、肌の質が悪くなったと感じる人も多いはずです。個人差はありますが、25歳を過ぎたあたりから、ほうれい線ができてくる人がいます。中には、顔がたるみ始めるという人もいるでしょう。これまでと同じスキンケアアイテムでは、効果を感じなくなってしまうかもしれません。25歳を過ぎたら、これまで以上に保湿をしっかりとしましょう。ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドといった成分が配合されたスキンケアアイテムを使うことで、内側から保湿できます。また、これまでオイリー肌だったので、さっぱりとした化粧水を使いたいという人もいるかもしれません。しかし、さっぱり系の化粧水で肌が乾燥すると、かえって皮脂が分泌されることもあります。オイリー肌の人も、まずは保湿をしてみましょう。

Copyright© 2018 20代からスキンケアをはじめよう【後々の肌トラブルが軽減できる】 All Rights Reserved.